スマートフォンの主導権争いは端末のシェアだけにとどまらない。IT(情報技術)各社が、スマホ関連技術の特許を巡って火花を散らしている。中でも注目を集めているのが、米アップルと韓国サムスン電子との間で繰り広げられている特許の訴訟合戦だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1847文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底解剖スマホ100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。