スマートフォンの主導権争いは端末のシェアだけにとどまらない。IT(情報技術)各社が、スマホ関連技術の特許を巡って火花を散らしている。中でも注目を集めているのが、米アップルと韓国サムスン電子との間で繰り広げられている特許の訴訟合戦だ。