初代iPhoneの発売以来、世界の携帯端末市場は激変の渦中にある。熾烈なシェア争いの中、韓国サムスン電子が米アップルを抜いて首位の座を奪取した。国内市場に「ガラケー」を供給し続けてきた日本勢も“内弁慶”から抜け出す時がきた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4306文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 徹底解剖スマホ100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。