「清武の乱」から約1カ月、事態は収まる気配が見えない。球団は清武氏に対して、1億円の損害賠償を求めて提訴した。もつれた問題の本質は、渡邉氏の「個人商店」的経営にあると清武氏は語る。