新興国の台頭で国内産業の空洞化は加速し、資源調達も困難になることが予想される。しかし、技術と人材を活用すれば、日本企業の未来は決して暗くはない。過去の歴史が常にそうだったように、逆境は新たな産業を生む好機になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2273文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2011年10月3日号 38ページより

この記事はシリーズ「特集 確実に来る未来100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。