「緩やかな衰退」。今の日本が安住する現実は、未来永劫は続かない。少子高齢化で避けられない負担増は、日本に5年の治療期間をもたらす。その苦境を越えると、世界の「課題先進国」としての明るい未来が訪れる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り99文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2011年10月3日号 32ページより

この記事はシリーズ「特集 確実に来る未来100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。