買収表明から3カ月、ようやく「横浜DeNAベイスターズ」が誕生した。企業ブランド価値の向上とともに、地元横浜への地域貢献を目指す。ソーシャルゲームとプロ野球、両者の相乗効果は高いとして戦略を練る。