かつては、肌触りの良さをアピールしてきた日本の柔軟剤が、大きく変わった。現在各メーカーが訴求するのは、様々な切り口による香りの楽しみ方だ。香料成分や製法の革新が、「新世代柔軟剤」の拡大を支える。