新世代シニアは自由にできる資産や時間が多く、企業にとっては魅力的な消費者だ。その需要をうまく掘り起こすことができれば、商品やサービスのヒットにも結びつく。シニア層の消費意欲をかき立てるツボを探ると、8つのキーワードが浮上する。