生活弱者、デジタルデバイド、生産年齢人口の減少に伴う労働力不足──。日産自動車やライオンなど大手企業が、高齢社会の問題解決に挑み始めた。商機は課題に潜む。構造変化への対応の先に「高齢化先進国」ニッポンの未来がある。