輸送手段と情報インフラが発達し、人々の活動の距離と時間が一気に縮まる時代を迎える。2027年に開業予定のリニア中央新幹線で乗車時間が40分に縮まる東京~名古屋間は通勤圏になる。企業の本社や官庁などの「東京一極集中」は解消されるだろう。山梨県や長野県などに設置される中間駅からの交通網も同時に発達。関東と東海の経済圏の融合は消費地の拡大と、企業の事業効率化をもたらす。