輸送手段と情報インフラが発達し、人々の活動の距離と時間が一気に縮まる時代を迎える。2027年に開業予定のリニア中央新幹線で乗車時間が40分に縮まる東京~名古屋間は通勤圏になる。企業の本社や官庁などの「東京一極集中」は解消されるだろう。山梨県や長野県などに設置される中間駅からの交通網も同時に発達。関東と東海の経済圏の融合は消費地の拡大と、企業の事業効率化をもたらす。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1041文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 確実に来る未来100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。