日本は巨額の公的債務を抱え、経済の成長力が弱い。これから金利の急騰を避けながら経済を成長軌道に乗せ、デフレを脱却する「ソフトランディング」をするのは容易ではない。過去には長期金利が3~4%だったこともあるが、これからその水準に金利が上がるとすると、備えがないからだ。金利が上がれば金融機関は債券の評価損に苦しみ、多くの企業が倒産する「ハードランディング」になる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り572文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 確実に来る未来100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。