「緩やかな衰退」。今の日本が安住する現実は、未来永劫は続かない。少子高齢化で避けられない負担増は、日本に5年の治療期間をもたらす。その苦境を越えると、世界の「課題先進国」としての明るい未来が訪れる。