2020年。人口にまつわる諸問題は、日本各地にゆがんだ形で表れる。1つは東京都を含む首都圏への人口一極集中だ。国立社会保障・人口問題研究所の推計では、東京都の人口は2020年段階で1310万人に増え、ピークを迎える。首都圏に移り住む若年層が増える一方、地方では人口流出に伴い高齢化や過疎化が進む。