少子高齢化に歯止めがかからない日本。2025年からは人口減少が本格化する。生産年齢人口が減り、財政や産業全般にマイナスの影響をもたらす。縮む日本を好転させるには、未来を見定め、早急に手を打つことが欠かせない。