や自治体を相手にするスマートシティビジネスでは、長期戦の覚悟が必要だ。米IBMなど勝ち組と言われる企業の営業戦略は、まさに「急がば回れ」を体現している。まだ少数だが、勘所をつかんだ日本企業も出てきた。