リスクを抑えるため、マスタープランなどの大枠には関与せず、スマートグリッドに組み込むスマートメーターやHEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)といった単品技術を納めて稼げばいいとの発想もある。