中国広東省の省都である広州市の中心部からクルマで30分。蘿崗区と呼ばれる農村部の一角に、周囲の風景とは場違いな建設中の建物が立ち並ぶ。市政府が農村住民向けに用意している高層マンションだ。ライチ園や野菜畑が広がる同地区は間もなく、近代的な研究開発都市へと生まれ変わる。中国とシンガポールの国家共同プロジェクト「中新広州知識城」である。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1453文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 スマートシティ3つの落とし穴」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。