東京証券取引所と大阪証券取引所が、2013年に経営統合することで合意した。明治以来、2大取引所体制が続いた日本の株式市場は転換点を迎える。