来年5月、ウラジーミル・プーチン首相(59歳)がロシアの大統領に返り咲くことが確実となった。「プーチン2.0」とも呼ばれる第2次プーチン政権の行方について、様々な憶測が飛び交っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1520文字 / 全文1533文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「世界鳥瞰(2011年10月17日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。