2012年から小型航空機「ホンダジェット」の量産を開始します。燃費は同クラスの従来機を15~20%も上回り、キャビン(客室)は25~30%も広い。座席は1クラス上のビジネスジェット並みのゆとりがあります。ライバルを圧倒できると考えています。