北アフリカのアルジェリア第2の都市オラン近郊に来年、日産水量50万m3という世界最大規模の海水淡水化プラントが稼働する。このプラントの中核技術、海水から塩分を除去する特殊樹脂のRO膜(逆浸透膜)を受注したのが東レだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1406文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 ニッポンの稼げる技術100」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。