水と一緒にのみ込んだカプセルが胃の中を泳ぎ回り、病気の兆候がないかを探る。胃を調べ終わったら、次は十二指腸、そして小腸へ――。そんな簡便な検査で難病を早期発見できれば、治療の効果はぐっと高まる。