「今日はストレスがたまりすぎているようなので、早めに帰ります」。未来のオフィスでは、そんな言葉が交わされているかもしれない。社員のストレスの蓄積は、仕事の生産性の低下を招くため、企業にとってもマイナスになる。労働環境の改善は日本企業が今後も抱えるテーマだ。