ここ数年、研究開発の効率悪化が指摘される日本企業。だが、「革新的なテクノロジーを生み出す力」が衰えたわけではない。苦境の中でも、世界市場を席巻する新技術は着実に育っている。