球界は横浜ベイスターズの売却問題で揺れたが、いまだ根深い問題を抱えている。リーグ経営の欠如──。それが収益低迷や球団価値下落につながっている。問題を放置すれば、今後も菅野投手の入団拒否や「清武の乱」と同様の混乱が続くだろう。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4297文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題