35歳の若さで、目標から逆算して「やるべきこと」を経営に落とし込む術を知っている。そんな未来を見通す眼力に優れた岩瀬は、5年前、日本で74年ぶりとなる新規の独立系生命保険会社を設立した。そして「ネット生保」なる言葉を生み出した。「複雑」の代名詞だった保険商品をいともシンプルに作っていった。