「登山は孤独な戦い」。この既成概念をひっくり返し、「冒険の共有」という新境地を切り拓いたのが、栗城史多である。見た目は29歳の、ごく普通の若者。だが夢はとてつもなく大きい。単独・無酸素での世界7大陸最高峰制覇という前人未踏の目標を掲げたうえに、その瞬間をインターネットで中継しようとしているのだから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り495文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。