荒木飛呂彦を語るなら、『ジョジョの奇妙な冒険(以後、JOJO)』を知ることだ。JOJOシリーズは100巻を超えてもなお続く連載漫画であり、新しい体験を読者に与え続け、今年25周年を迎えた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り517文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。