広島出身、機械工学専攻の金井誠太はカーマニアではなかった。だが、マツダに入社し、初めて設計した小さなホイールキャップが試作車に取りつけられたのを見た時、彼の「モノ作り」の心眼が開いた。