性別役割分担意識が色濃く残り、女性が生きづらい狭いニッポンを飛び出し、ボーダーレスに活躍する日本女性が増えている。海外に定住しビジネスを行う日本人を「和僑」と呼ぶが、熨斗麻起子はその「女性和僑」の代表だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り488文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。