吉田君とのつき合いは、彼が創設した日本版IRR(インターネットで情報転送のナビゲーションに必要な経路台帳システム)に関する研究を私の研究室の学生が始めたことがきっかけだった。もともとは若手の研究パートナーだったが、気がつくと彼は「Mr. OCN」と呼ばれ、我が国最大のインターネット接続事業者の設計と運用を担う会社の顔になっていた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り439文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。