目の前には人工林とは思えない光景が広がっている。三重県紀北町の「大田賀山林」。国内有数の林業家、速水林業が所有する山林だ。「林業とは光を管理すること」。そう速水が語るように、適度に間伐されたヒノキの山林は下草が生い茂り、多様な植生が根づいている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り436文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。