日本たばこ産業(JT)の木村社長は過去2回、海外M&A(合併・買収)で内需型企業を大変身させた。最初は経営企画部長として携わった1999年の米RJRナビスコの海外たばこ事業部門(RJRI)の買収だ。直後に海外事業を統括するスイス子会社に乗り込み、日本人トップとして海外事業を指揮。RJRI出身者を活用することでJT本体の海外経験不足を補い、ロシア財政危機などで不振が続いていた買収先の事業を立て直した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り453文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。