清水先生との出会いは2009年1月のことだ。川崎市内にある研究室を訪問し、先生が開発したEV(電気自動車)「エリーカ」に試乗させてもらった瞬間、これは世界に普及させるべき技術だと確信した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り480文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。