清水先生との出会いは2009年1月のことだ。川崎市内にある研究室を訪問し、先生が開発したEV(電気自動車)「エリーカ」に試乗させてもらった瞬間、これは世界に普及させるべき技術だと確信した。