「線が細いな」。第一印象はそう感じました。今はマウンドの上では圧倒的な迫力を感じますが、入団当時は、どこか繊細な感じ。当時のスカウティングリポートには、150km以上の速球の魅力について書かれていましたが、「手首が柔らかく、ボールをうまく操る」と、技巧派的な記載もあったように思います。