現在のアメリカのジャズE シーンで、最も著名な日本人と言えば、Hiromi こと上原ひろみに違いない。浜松市出身で、幼い頃、ヤマハに才能を見いだされた。10代の頃、チックE コリアら巨匠と共演するチャンスをつかみ、高く評価された。米バークリー音楽大学の作曲科を首席で卒業する直前に、伝説のピアニスト、アーマッド・ジャマルに認められ、米レコード会社からデビュー。その夏ニューヨークで彼女を見た時のことは忘れられない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り587文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。