15歳で日本代表に選ばれた澤穂希の成長とともに、日本女子サッカーは進化してきたと言っても過言ではない。そして澤も、「日本の女子サッカー発展のために」と戦ってきた。