かつて駅や鉄道といった公共施設は贅沢な場所だった。一流の職人たちが空間作りに携わり、本物の調度品を揃えていたからだ。だが工業化の波にのまれ、今では味気ない空間が広がる。