イトーヨーカ堂の衣料部門の再建を託された僕が、志半ばにして病に倒れた時、親身に相談に乗ってくれた。僕にとって彼は、かけがえのない人物だ。話の途中でおもむろにホワイトボードを使って、これから僕が果たすべき社会的役割を説明し始めた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り471文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。