イトーヨーカ堂の衣料部門の再建を託された僕が、志半ばにして病に倒れた時、親身に相談に乗ってくれた。僕にとって彼は、かけがえのない人物だ。話の途中でおもむろにホワイトボードを使って、これから僕が果たすべき社会的役割を説明し始めた。