「錬金術」を簡単に信じる者はいない。それが「新元素変換」と呼ばれる耳慣れない技術によって実現すると言われれば、なおさらだ。岩村が2002年に発表した実験結果は当初、専門家の間でほとんど相手にされなかった。何しろ電球などに使われるタングステンが、常温に近い温度で貴金属であるプラチナに変化するというのだから。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り395文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。