東日本大震災で壊滅的被害を受けた宮城県南三陸町。志津川病院で勤務中だった3人の常勤医の1人が、内科医の菅野武(32歳)だった。大津波襲来の警報を聞きスタッフ76人とともに107人の入院患者を最上階へと運び上げようとしたが、民家が壊れる音が響き、病院にもわずか30分ほどで大津波が襲来。助からないと覚悟し、財布から出した結婚指輪をはめる。65人が流された。