私が東京工業大学の資源化学研究所に助手として着任した1982年春、当時まだ東京理科大学の学部生だった工藤君は卒業論文のため私の研究室にやってきた。まじめな性格は当時から全く変わっていない。