私が東京工業大学の資源化学研究所に助手として着任した1982年春、当時まだ東京理科大学の学部生だった工藤君は卒業論文のため私の研究室にやってきた。まじめな性格は当時から全く変わっていない。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り409文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、9年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。