「直角内閣」。かつて、中曽根康弘内閣は政権発足時に田中角栄・元首相の政治力を頼みにしていたことからこう称された。そして今、野田佳彦内閣について、永田町では「直勝内閣」との言葉が広がっている。政権内で財務事務次官、勝栄二郎の影響力の大きさを揶揄した言葉だ。