「これ、どないですやろ」。少し恥じらいながら、自ら握った皿をそっと差し出す。「社長、惜しいわ。食感が足りんから、レタス足すべきやな」。そんな私の指摘に嫌な顔一つせず、そそくさと厨房に戻って再び寿司を握る。「これやな!」。最後には2人で笑い合って新商品が完成する。