2009年、専務だった伊東孝紳氏が福井威夫前社長の座を継ぐことが明らかになった時、多くのホンダウオッチャーが「変化」を期待した。その前年のリーマンショックで国内自動車メーカーは大打撃を受け、業績回復に邁進していた時期だ。