2009年、専務だった伊東孝紳氏が福井威夫前社長の座を継ぐことが明らかになった時、多くのホンダウオッチャーが「変化」を期待した。その前年のリーマンショックで国内自動車メーカーは大打撃を受け、業績回復に邁進していた時期だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り531文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。