語弊を恐れずに言えば、伊藤忠商事からユニクロに転職し、幸運にも業績が急拡大した時の僕は自信満々だった。それだけに業績が危機的に悪化した時は怖くて仕方なかった。2002年に社長就任を打診された時に断ったのは、断ったのではなく逃げただけだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り410文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

オリジナル動画が見放題、ウェビナー参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。