古い駅ビルから脱却する試みの中で、重松氏の手がける「ユナイテッドアローズ」がルミネに出店してくれたことは、我々にとって大きな転換期となった。それ以降、私たちは共に歩み、成長を遂げてきた。