中西宏明は、昔から「場」作りに長けていた。1969年、私と中西が東京大学工学部3年の時のことだ。当時は大学紛争の真っただ中だった。学生の心が学問から離散しかかった時、中西は学友を集め、議論の場を設けようとした。共産党からノンポリまで一人ひとりに声をかけて口説いていく。くせのある者ばかりだったが、不思議と中西の言葉に揺り動かされ、集まってきた。決して自分の考えを強要しない。だが、人を1つの場と目的に導く強い引力を持っている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り487文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 次代を創る100人」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。