弁護士ランキングは中村直人氏が7回連続トップに輝き、信頼の厚さを見せつけた。一方、新たにトップ10に入ったのは、不祥事対応や海外問題に強い弁護士たち。企業を取り巻く課題が浮き彫りになり、先行き不透明な弁護士界に1つの道を指し示した。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4294文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 弁護士は企業を救えるか」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。