財務諸表を分析すると、日米韓の各企業が持つビジネスモデルの特徴が見えてくる。例えば、日本はすべて高コスト、高価格、韓国は官民挙げての低コスト追求、輸出勝負だ。もはや国固有のビジネスモデルにとどまってはいられない。新たな挑戦が必要だ。